極度のあがり症で面接が苦手です。対策をすれば面接を通過できるようになるでしょうか。

はい。改善は可能です。
ただし、一言で「あがり症」といっても個々人で状況は異なるので、「絶対に」面接を通過できるとまで保証することはできません。また、弊社は医療機関ではありませんので、医療的な措置が必要なレベルのものに対して対応することはできません。
しかし、メンレンVの指導担当講師は、あがり症の方の面接対策を多数行った経験があります。また、極度のあがり症と思われるような人も、何度かの面接練習を経るとほとんどの方は大幅に改善されます。
担当講師の考えるあがり症の人の面接対策のポイントは、
・人前で話すということへの慣れを作る。
・自己分析を通じて自分の人材価値に自信を持つ。
・回答原稿を作成する過程で自ら「伝えたい」と強く思う気持ちを持つ。
・きちんと回答原稿を作ることで「話せるはず」という自信を持つ。
・何度も模擬面接を繰り返すことでイレギュラーな場面での対応方法を身につける。
・ピンチになったときの対処法があることを知って安心感を持つ。
というあたりにあると考えています。
これらのポイントを押さえ、さらにお客様とコミュニケーションを取りながら、特に強化すべきポイントを見極めながら、ステップを踏んで対策を行っていけば必ず効果は出ます。
ただし、これらのプロセスは、一段ずつ階段を上るようにステップを重ねていくものですので、1回の模擬面接で効果が出るとは言えません。やはり複数回の模擬面接が必要ですし、「極度」のあがり症という方であれば、かなりの回数を重ねる必要があることもよくあります。
中には「一言も話せない」という人もおられますが、担当講師の経験上、本番の面接で回答ができなかった人は今まで一人もいません。また、多くの方は「しっかりと回答できた」と報告をくださいます。もちろん、選考・試験ですから、こういった方が100%合格したとまでは申し上げられません。しかし、担当講師の指導を受けたことによって結果が出たという報告をいただくことは良くあります。
ご自身の状況と照らし合わせ、模擬面接の効果に不安を感じている方は、ぜひ事前にご相談の連絡をくださいませ。状況をしっかりとお聞きし、必要となるであろう対策の内容をご案内します。また、まずは1回模擬面接を受けていただければ、その後の対策についても方針をご提案します。
いずれにしても、面接に強い不安をお持ちの方は、時間的な余裕を持ってご相談いただくことをおすすめいたします(ただし、急なご要望であっても、できる限りのお手伝いはいたします)。
尚、新サービスとして「 あがり症の人のための面接対策 」をリリースしました。