自信がないので長期間面接対策の指導を受けたいのですが、どのような方法がありますか。

必要な対策は人によって異なります。
面接が苦手だと感じている方が、自ら長期間の対策を取ろうと考えられることは非常に良いことだと思います。それは、自分自身を客観的に見つめて弱点を理解されているからです。自分を客観視できることは、面接対応力という点でも大きな意味があります。
そのような意識をもって面接対策を進めようとする方であれば、まずはメンレンVに対策についてご相談ください。状況をお聞きした上で最適なプランをご提案します。プランの内容の基本は、定期的な模擬面接の実施と、回答原稿の作成・添削の組み合わせとなりますが、応募先企業や組織の研究に関してもスケジュールを組む必要がある場合も多々あります。時間的な余裕がある場合は、模擬面接を頻繁に行うのではなく、調査・研究や原稿作成・添削に一定期間集中し、ある程度完成してきてから模擬面接を再開するという方法もあります。
メンレンVの面接指導担当講師は、多くの「面接が苦手」な方々のサポートをしてきました。中には最初の模擬面接で一言も話せないような方もいらっしゃいましたが、その方は第一志望に採用されました。苦手な方でも面接を通過することはできます。とにかくまずはメンレンVにご相談ください。