人前で話すのが極端に苦手です。改善できるでしょうか。

ほとんどの場合改善できます。
「必ず改善できる」と断言できないのは、一言で「人前で話すのが苦手」といっても様々な状態や原因があるからです。
ただ、「普段の会話に支障はないが、人前に出ると言葉が出にくくなる」「緊張すると頭が真っ白になって話せなくなる」「緊張すると異常に早口になってしまう」といった程度の状況であれば、メンレンVで練習をすればほぼ改善できます。
ただし、メンレンVでは「人前で話すのが得意」になることを目標にはいたしません。あくまでも「面接試験を突破できること」が目標です。また、話すこと自体が苦手な方の場合は、できるだけ早めに対策を始めることをおすすめします。やはり時間的余裕がある方が効果が上がりやすいのです。
しかし、勘違いして欲しくないのは、「口がうまい人」が面接を通過しやすいということでは決してない、ということです。「ペラペラと上手に話せる人にはかなわない」と思い込んでいる方もいらっしゃいますがそれは勘違いです。面接官はあくまでもあなたの人材価値、そして仲間に加えて良いかどうかを判断しています。「口がうまい」人を誰もが評価するわけではありません。むしろ警戒される場合もあるのです。
まったく話せないと面接が成立しませんし、極端に話すのが遅いと限られた時間で伝えられる情報は少なくなってしまいます。したがって、たとえ上手に話せなくても、面接のアピールとして十分な内容と表現力が発揮できるレベルは必要です。メンレンVは「話すのが苦手な人」にもこのような力が身につくような指導を全力でしています。