面接質問の予想をしてもらえますか。

模擬面接を行う際には、事前に面接指導講師が、応募先情報やお客様の履歴書・職務経歴書などを元に予想される質問を準備しています。
応募先によっては過去の質問項目についての情報も参照しながら質問を組み立てていますが、これはいわゆる「ヤマはり」と言われるような「予想」とは異なります。サービスご利用者の人材価値を応募先の求める人材像と照らし合わせながら、人事担当であれば知りたいと思うような内容を質問として準備しているものです。したがって、模擬面接での質問がそのまま本番で質問されることを保証するものではありません。ただし、応募先の業務・職務とも照らし合わせながら、人材価値を判断するために必要であろう「核」となるものを外すことはありません。
また、エントリーカードや面接カード、職務経歴書などの情報から、面接官が深く質問してきそうな項目なども予測して質問を組み立てています。
ごく稀に異常な内容の面接を行う企業などもなくはありませんが、ほとんどの場合、これらの質問項目に対する回答をきちんと準備することができれば本番の面接では対応できます。
面接において自分を「売り込む」ために必要なエッセンスというものは、どのような状況であっても共通するというものでもありますので、「質問予想」にさほどの意味はないということもあります。