新型コロナの影響による繁忙期のズレ

民間企業の採用活動も公務員試験も、新型コロナウイルス感染拡大・緊急事態宣言等の影響によって日程が大きく変更になっています。私も様々な日程をチェックはしていますが、全てを追い切れているとは言えません。就活生や公務員受験生、転職活動中の方も、色々な不安を抱えておられることと思います。

Sorry We are closed の札がかかった商店の写真

Photo credit: Matthew Paul Argall on Visual Hunt / CC BY
(注:弊社は営業中ですよ)

面接対策サービスをご提供していると、例年お申込みの増える時期、模擬面接実施のご希望が集中する時期などはあるのですが、例年で言えば、春先に一度山があり、これから再度本格的な繁忙期に入る時期です。しかし、日程が後ろ倒しになっているものも多いため、例年とは異なる動きを感じてはいました。

しかし、ゴールデンウイーク明けからお問い合わせが一気に増加しています。特徴的なのは新卒就活の方々で、不確定だった延期日程が確定した企業などが増えていることをうかがわせます。政府が特定警戒地域以外の緊急事態宣言を解除する見込みが報道されたり(観測気球だという気もしますが)、様々な自粛解除に向けての動きが報道されていることもあり、活動再開を待ちわびていた企業が、採用活動なども含めて再び動き始めているような気もします(本当に緩めて大丈夫なのかという懸念もありますが、ここでは置いておきましょう)。

懸念しているのは、民間・公務員を問わず日程が後ろ倒しになっている中、活動再開後に様々な日程が集中してしまうのではないか、ということです。例年であれば既に1次試験を終えているはずのものがこれから実施されたりすると、元から遅い日程だった試験と重複する時期に選考が行われる可能性もあります。全体が全て後ろにスライドするのなら良いのですが、延期日程で実施するものと、元々遅い日程を予定通りに行うものが出てくると、選考受験者にとってはスケジュール調整が難しくなってしまう可能性もあります。

面接対策をご提供している弊社も、これからの時期、特に6月末から7月いっぱいぐらいの時期にサービスご利用の希望が集中するのではないかと少し心配しています。添削サービスであれば、徹夜をしても納期に間に合わせることもできなくはありませんが、模擬面接サービスは前後の余裕をもってブッキングする必要もあり、こなせる数には限界があります。

GW明けにお申込みが一気に増加している背景には、弊社のサービスが全てメールやビデオチャットなど非接触・遠隔で完了することも影響しているのかもしれません。もちろん、大学のキャリアセンターが閉まっていたり、予備校などの指導期間が休講や校舎閉鎖を余儀なくされていたりすることも影響しているのでしょうね。

この外出自粛期間も、WEB面接に切り替えた企業にエントリーしている就活生の方や、今年に必勝を期する公務員受験生の方など、様々な方の面接対策をさせて頂いておりましたが、もしも自粛要請が緩められるのであれば、ここからはかなりの数の対策が集中する可能性があります。

対策を希望される方は、早めにご相談頂き、スケジュール調整をさせて頂くのがおすすめです。もちろん、急なご要望でもできる限りのご対応はいたします。

軽いご相談などはいつも承っていますので、不安なことがあれば是非お問い合わせください。