面接が苦手な人ほど勇気を出して対策に踏み出そう(Podcast書き起こし)

※ この記事はPodcastのフリートークを書き起こしたものです。

時々お問合せで「面接対策をやった方が良いのでしょうか」といった質問を受けることがあります。そもそも弊社は面接対策を事業として行っているのですから「面接対策なんか要りませんよ」と言うはずはないのですが、お答えとしては「弊社のサービスをご利用なさるかどうかは別にして面接の対策はしておくべきです」とお答えします。

一歩踏み出す写真Photo on VisualHunt.com

するべきかどうか考えているなら面接対策すべきことは明らか

様々な採用選考で課される面接に、何ら対策をしないで臨む人も中にはいます。正直に言うと、若いころの私もそうでした。しかし、そういう人は「面接対策をした方が良いのだろうか」とは考えません。当然面接対策などしないで面接に行こうと考えるような人なのです。

したがって「面接対策をやった方が良いのでしょうか」という質問をされている時点で、面接に対して何がしかの不安を感じておられることが明らかであり、そういう人には当然面接対策をおすすめすることになります。

ここでは詳細は省きますが、面接は自分自身が採用されるに足りる人材価値があるということを短い時間でアピールしなければなりません。もちろん、面接通過の難易度は応募先によって異なりますが、ある程度の競争になっているような場合は、他の応募者よりも高い評価を得なければなりません。一般的には、多少なりとも緊張する面接の場面で、自分自身の価値を端的に伝えることは容易ではありません。適切なコミュニケーション能力を持っているということを感じてもらうこともできません。ぶっつけ本番で最大限の効果を発揮するのは普通の人には難しいのです。

面接が苦手なタイプの人ほど対策に尻込みしがち

ただ、私が今日お伝えしたいのは、面接が苦手なタイプの人ほど、対策に対しても消極的になりがちだということについてです。面接が苦手なタイプの人というのは、例えば普段から他人と話すのが苦手な人や、人前に出るとうまく話せなくなるような人です。こういう人は、練習だとわかっていても、模擬面接などで顔を合わせて面接シミュレーションをすること自体を「できればしたくない」と思いがちです。

しかし、現実は甘くありません。こういう方がぶっつけ本番で面接に臨むと惨憺たる結果になることも少なくありません。面接を受けている最中に不合格がわかってしまうような面接官の反応を目の当たりにすることもあります。そこまででないにしても、なんとか面接は終わったけれど、何の手ごたえもなく、合格するとしたらそれは相当ラッキー、ということでない限り無理だろうな、と感じられるような結果になります。

対策の中身は他でも書いたり話したりしていますのでそちらを参照していただくとして、私がここで言いたいのは、「不安なら対策をしましょう」ということです。

「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、「面接には合格したい」→「対策はした方が良いかもしれない」→「でも人前で話すのは苦手だ」→「面接対策で苦労したくない」→「対策をしないでおこう」または「自分だけでやれることだけやろう」といった思考になっている人は少なからずいます。

面接を通過したいのであればやるしかない

しかし、大切なことは、当面の目標・目的をはっきりとさせることです。「面接を通過したい」という目的を重視するのであれば、面接の対策はすべきです。対策をしないで「面接通過」という結果を得られる可能性は極めて低いのですから。

「人と話すのが苦手」だからこそ面接対策をしなければなりません。面接を通過したいのであれば、です。たとえば、他者とのコミュニケーションなど重視されないような世界で生きていくという選択もなくはないでしょうが、そちらに舵を切るには相応の覚悟が必要です。面接選考を経なければならないような仕事に就きたいと考えるのであれば、そのルールに従って、選考通過できる方法を探す以外にはないのです。

そうであれば、利用できるものは利用し、ご自身の面接力を上げる努力をすべきです。人によっては実践的な対策自体を苦痛に感じる人がいるかもしれませんが、それは一時の苦労です。ほんのわずかな期間の努力が、もしかしたら一生を左右するような職業選択に影響を及ぼすのです。

面接指導講師は「道具」と考えて構わない

会話があまり上手でないタイプの方に多いのですが、模擬面接などの際に、極端に私に気を遣ってくださる方がいらっしゃいます。「下手過ぎて失礼なのではないか」とか「こんないい加減な回答をして不愉快にならないだろうか」などです。しかし、そのような心配は一切不要です。弊社のサービスは、ご利用者様の現状の面接力を向上させて合格・内定レベルに引き上げることを目的としていますので、講師はご利用者様のいわば「道具」といっても良いかもしれません。ですから、講師の前で「恥ずかしい」とか「こんな答えで申し訳ない」などと思う必要はないのです。むしろ、練習でそのような答えをすることによって、本番ではもっと良い回答ができるようになるはずです。

面接を通過したいですか?答えがイエスなら、とにかく対策をしましょう。やるかやらないかで全く違う結果になることは多くあります。要はやるかやらないか、です。

※ 弊社の面接対策サービスをご利用頂いた方からのレビューは参考になると思います。多くは結果の出た方々ですが、ご自身の境遇と似ている方を探して読んでみると役に立つかもしれません。

リンク: 面接対策ご利用者のレビュー(口コミ)〜喜びの声が次々と~